よくわかる女性のアスペルガー症候群

2019年2月11日


「人づきあいが苦手」「空気が読めない」などの特徴を持つアスペルガーの女性のための本です。トラブル解決へのアドバイスも充実しています。

●女性のアスペルガー症候群

 「人づきあいが苦手」
 「空気が読めない」
 「人間関係のトラブルを起こしがち」などで困っている人は、
 アスペルガー症候群かもしれません。

 アスペルガー症候群は発達障害のひとつで、
 対人コミュニケーションを苦手とする特徴があります。

●女性のアスペルガー症候群の難しさ

学校や職場などでの人づきあいに困難を抱えることが多いほかに、
恋愛、結婚、出産、育児などの人生ステージごとに、
さまざまな問題やトラブルに出会うことも。

また大人になってからアスペルガーとわかることが多いのも特徴です。

●イラストとわかりやすい文章で解説

女性のアスペルガーについて、さまざまなシーンごとに、
トラブルの解決法について具体的に提案するアドバイスも充実。

●著者は日本の発達障害分野の先駆者司馬理英子医師

著書の 司馬 理英子(しばりえこ)先生は日本で、先駆的にADHDについて研鑽と書籍の出版を行ってこられました。

豊かな経験と知識に裏づけられたアドバイスが、 本人はもちろん、家族や知人など周囲の人にも役立つ一冊。

著者:司馬 理恵子先生
岡山大学医学部、同大学院卒業。

1983年渡米。アメリカで4人の子どもを育てるなか、ADHDについて研鑽を深める。
1997年『のび太・ジャイアン症候群』(主婦の友社)を執筆、出版。
同年帰国し、東京都武蔵野市に発達障害専門のクリニックである「司馬クリニック」を開院。
中学生までの子どもと高校生と大人の女性の治療を行っている。
『シーン別アスペルガー会話メソッド』
『大人のアスペルガー 自閉症スペクトラム障害 ビジネスシーン別 会話メソッド』(以上主婦の友インフォス情報社)
『どうして、他人とうまくやれないの?―アスペルガー・タイプの人間関係・仕事・生活術』(大和出版)など著書多数。

関連記事:発達障害のこどもが育つ魔法の言葉かけ

関連記事:ビジョントレーニグ

関連記事:加害者タイプのADHD

リンク先:発達障害者である専門職のRE

当ブログから2年。クローズ雇用の相談員として、当事者と専門職の視点でみた発達障害児・者支援の実情をドラマティックに伝えます。

続ブログ「発達障害者である専門職のRE」は以下バナーより。

全国の医療・福祉サービスに当事者と専門職の視点で見立て連結します。

もし人生に行き詰った時に
どの様な社会制度や福祉サービスが利用可能なのか?

どこから問題を解決していけば良いのか?

当事者であり、社会福祉士、精神保健福祉士がお聞きして、必要な情報提供や機関連携を行います。

個人で行うからこそ地域・機関の利害にとらわれない立場で公平な支援が行えます。

当事者視点で困りごと、ニーズを把握して、誰にでも伝わる形に明文化し
全国の医療機関・社会福祉サービスとの連携を行います。

詳細は以下参照。

いよいよ相談支援サービスはじます。